FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by junko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウマワカで 故郷に 出会った~

Posted by junko on 28.2012 アルゼンチン Argentina 2   2 comments   0 trackback


2012年4月23日



ウマワカの朝を迎える。
私達は今日の午後イチのバスで移動するので、
それまでこの町を散歩しよう。

太陽は朝から元気いっぱいにそのパワーを届けてくれる。
朝晩はものすごく冷えるから、
固まった身体が太陽の熱でほぐれていくみたいだ。







DSC_4173.jpg






DSC_4184_20120618060819.jpg






DSC_4188.jpg






DSC_4189_20120618060817.jpg






DSC_4186.jpg
宿のオーナー






DSC_4196.jpg







この土壁の素朴な色合いの中で、
ビビッドな存在感を放つブルーの扉がたまらなく可愛い。






DSC_4202.jpg






DSC_4211.jpg







そういえばそれは空の色にも言えること






SDIM1765.jpg







本当に空が蒼い。
それに、近く感じる。













その時だ!
なんだか見覚えのある、そしてとても懐かしい形が目に飛び込む。






SDIM1761.jpg





「あれ?これ北海道の形じゃん」




ウマワカという町があるのは、フフイ州。
そのフフイ州に形を模したものが、
地面に彫られていた。

おもわず我が故郷、釧路エリアに鎮座してしまいました。
なんだか嬉しくって、、、










さぁ、移動の時間だ。
どこに行くかというと、、、



なんにも調べてなかったのに、
行く先って決まるものなんだね。

ここウマワカに来る前に寄ったサルタで、
偶然すれ違った初老の旅人にもらった地図。
そこに載っていた一枚の写真が、
今回の目的地を決めてくれた。





RIMG0158.jpg





紺色に染まった景色の中、
山の稜線はハッキリと見える。
そして人間の存在を象る光。
すごく美しいと思った。
それが、





『イルーシャ村』





幸いここウマワカからイルーシャ村までのバスは頻繁に出ている。
ここを拠点に日帰りで観光する場所として有名らしい。
けれどこの写真は、夕暮れ後に撮られている。
どうしてもこの絵が見たい。
なら、泊まろうってことに。

私達はただ一枚の写真をたよりに、向かった。








RIMG0157_20120629004131.jpg







SDIM1779.jpg



どんどん山奥へと進むバス。
この移動時間のバスの中から見る景色が、また素晴らしかった。

もともとウマワカは渓谷で有名な場所らしく、
その景観を見事に見せてくれるルートだった。






SDIM1781.jpg






SDIM1777.jpg





気づけば雲は眼下に





SDIM1768.jpg










3時間ほどバスに揺られ、村が見えてきた。

SDIM1782.jpg





山々に囲まれた小さな小さな村だった。
ただ、かなり標高も高い上に、
村は傾斜の急な坂道だらけ。
バスを降りてから宿の客引きがあって、
彼女についていくのがもう必死。





DSC_4286.jpg


「もうすぐそこだから!セニョリータ」

なんて言われても、返す言葉も出ないくらい。
そうえばこんな標高高い場所に来るのは、
1月のラパス以来か。






SDIM1799.jpg
宿についた途端ベッドになだれこむ






RIMG0175.jpg
今日のお宿はこんなんなってます






でも、ここ一泊しかしないしさ。
村を見ないと来た意味ないじゃんね。
寝込みたくなるカラダを叩き起こして外に出る。

宿を出てすぐ見上げた所に、白い十字架が立っていた。
山間の町ではよく見かける、その町の一番高い所に立ってる十字架。
もちろんそこからの眺めはきっと良いものに違いないわけで。

ぶーぶー言いながらも、登るんだ。






SDIM1787.jpg






DSC_4216.jpg






DSC_4229.jpg






DSC_4217.jpg








こんな山々に囲まれた村、今まで見たことなかった。
まっすぐな大平原で育ったような私には。
きっと日本にも、山と共に暮らす人々はたくさんいるんだろう。
今度は日本の山の景色を見たいとも思った。

山と共に生きる人々の暮らしを。





SDIM1792.jpg







DSC_4224.jpg
気づいたらこの子がついて来てた。






DSC_4233.jpg
そんなうつろな目でついて来られても、、






DSC_4243.jpg
そっちの犬じゃないよ






DSC_4264.jpg






DSC_4266_20120629010213.jpg






DSC_4268.jpg






DSC_4273.jpg
もーオマエはほんとに可愛いなぁ







DSC_4262.jpg






DSC_4274.jpg
たまたま入ったケーキ屋さんで、売り子の女の子が編んでた






DSC_4277.jpg
そろそろバイバイだね






DSC_4285.jpg
そんな寂しい顔しないでよぉ。おうち帰んな。






DSC_4284.jpg











そうそう、なんでこの村に来たのかっていうと。






DSC_4295.jpg






日暮れ前に登ったあの十字架からの夜景、
それがあの一枚の写真だった。
まるで山の中の宝石箱のように、
可愛らしく光っていた。





イルーシャ村。
またひとつ自分だけの特別ができた気分。












関連記事
スポンサーサイト

素敵なところだねー
こんなところ行けるのは、やっぱりゆっくり回ってるからこそだよなぁ。
くそ。やっぱりうらやましいぞ!!
ロバの目がかわいすぎて同じ草食系としてやきもちを妬いております。
2012.06.30 10:24 | URL | らくださま #- [edit]
らくだくぅぅぅん!!!初コメありがとう♡
最近は君の仲間がゴロゴロいるよ。そういえばアルパカもラクダ科らしいね。
女子大生にモテるために、あだ名『アルパカ』に変えたら?w
2012.07.01 11:15 | URL | junko #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://jstyle623.blog129.fc2.com/tb.php/236-7496ec08

プロフィール

junko

Author:junko
北の大地でお魚食べて育った少女が、
世界へ旅に出ます。

写真が好き。
でも人はもっと好き。

まだ見ぬ出会いを、笑顔を、そして
感動を求めて。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。