FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by junko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリカリダンスと肉体美

Posted by junko on 12.2012 チリ Chile   0 comments   0 trackback

2012年4月3日





ティパニーモアナの朝は、いつも清々しい。
キャンプも好きになってきました。





DSC_3569_20120608203826.jpg







昨日釣ったお魚で食べる朝ご飯も、
モリモリ進むってもんですわ。


DSC_3571_20120608203823.jpg





DSC_3570_20120608203824.jpg



あ~、焼き魚食べたいな~。
ホッケに柳ガレイに時鮭に、柳葉魚に氷下魚に鱈の味噌漬け、、、
炊きたてのご飯に、味噌汁に、それさえあれば、
いやちょっとお漬け物とか、冷や奴とかあったらもう、、、
文句ないです。
日本帰ったら真っ先に食べたい、うちのご飯。









DSC_3573.jpg

おなかすいてきたね。







だもんで、今日も釣りまっせー!
(飽きもせず二日連続なのです)



DSC_3587.jpg





DSC_3588.jpg




今日は昨日とちょっと場所を変えて挑戦




DSC_3591.jpg





DSC_3590.jpg




そしたらなんと、愛二がウニを釣っちゃって!




DSC_3589_20120608204028.jpg




すっかりウニ探しに奮闘する二人




DSC_3592_20120608204025.jpg





DSC_3607.jpg






今日はウニお刺身食べちゃう?
あーでも生はちょっと怖いし、
ウニクリームパスタでも作ろっか♬
晩ご飯が楽しみー♡




DSC_3617.jpg













皆さんは、カリカリダンスというものをご存知でしょうか。
私はもちろん、知りませんでした。
ここに来るまでは、、、

カリカリダンス、それは、ここイースター島の伝統舞踊。
ボディペイントを施した身体、
動物の羽や植物を彷彿とさせる美しい衣装、
そして、おなかの底に響き渡る歌。

いくつかのチームがこの島には存在していて、
観光客向けにショーを開いているんだけど、
その中でもここティパニーモアナのオーナーを通して予約をすれば、
20%オフくらいでチケットを買えちゃうってことで。
チームの選択はオーナーにお任せ。





夜8時くらいからだったかな。
すでに一度観たことがあるのに、
「もう一度観たい!!!」というタツ君や、
さおちゃん、あいちゃんなど同じ宿の仲間達と一緒に向かいます。

会場は宿のすぐ側で、
開演の時間になるともう満席に近いほど人で埋まっていました。

暗くなったステージに、まずミュージシャンが現れ、歌い手も登場。
今まで聴いたことのないような音楽が始まります。
とにかく太鼓の音色がカッコいい!!!

そしていよいよ、ダンサー達の登場。




DSC_3624.jpg






DSC_3631.jpg






DSC_3632.jpg





カッコ良過ぎませんか?
男女ともに、この引き締まった肉体美。





DSC_3635_20120608204512.jpg






DSC_3653.jpg






DSC_3658_20120608204511.jpg






動きとしては、やっぱり女性陣はなめらかな曲線美を描き、
男性陣は、飛び散る汗もなんのその、
おもいっきりその筋肉に血管を浮かび上がらせ、
男臭(いい意味でね)をまき散らしているのです。

時折、男性陣が雄叫びをあげるの。
歌の合間に、「うぉぉぉぉい!!!」って。
それがまた、たまらなくカッコいいんだーーー♡







DSC_3664.jpg

マドンナ的女の子が登場。
この子ほんとに可愛くて、
横に座ってたタツ君のテンションも一気に向上(笑)






DSC_3680.jpg

ん?美空ひばり?いやいやいやいや。






DSC_3675_20120608204904.jpg







そしてついにサービスタイムが!
ステージ上に観客の数人が上げられ、
見よう見まねで踊らされるのです。

だけどここはさすがのタツ君。
おもいっきり手を挙げてアピールっすよ。
「はいはいはいはい!オレオレオレオレ!!!」

もちろんそんなノリノリ観客を見逃すはずもなく、
思惑通り、タツ君はステージへと上がっていき、、、







DSC_3692.jpg

見よ、この狙うような彼の眼差しを。







完全に狙ってましたね、この一番可愛い子。
タツ君の男気というかエロ気というか、
いやーまいりました。






DSC_3703.jpg

さおちゃんも選ばれて踊ったね♬





そんな私も実は選ばれてしまったのですが、
いかんせんダンスセンスの無いもんで、難しいの!
腰フリフリとかできないし、、、
えぇいこの際だ、フラメンコ踊ってやりましたよ。







DSC_3706.jpg

このガイジンのお姉ちゃんは、
もう完全に入ってましたねぇ。世界に。
どんどん男性陣が迫ってきて、恍惚の表情で踊ってました。
さすがだなー。




そしてトリがこのおなかのイカした男性!
彼、まーじーで、面白かったです。
なんていうか、立場をわかってましたね。
決してお世辞でも上手とはいえないダンスを見せつけ、
髪を振り回し、おなかを揺らして、
えぇ、自分の体を張って会場を笑いの渦に巻き込みましたよ。
あームービー撮れば良かったー。


DSC_3711_20120608205029.jpg






DSC_3723_20120608205027.jpg

最後はダンサーと記念撮影☆
あーカッコいい。






DSC_3728_20120608205026.jpg

でれでれ(笑)








カリカリダンス、いやぁ見せつけられました。
特に人間の肉体美。
生々しくも美しい、そして激しい、、、
それに、今までタトゥーとかってあんまり良いイメージ持ってなかったんです。
だけど彼らの体に彫られたタトゥーを見て、
思いました。







カッコいいじゃんか、、、






あの、日本の銭湯で見かけるドラゴンとかじゃなくてね。
それとか、別れたらどーすんのって思わせる、
彼氏の名前を彫っちゃう子とかじゃなくてね。
ここイースター島独自のデザインがまたカッコいいんですよ。
前回にも紹介した鳥人はもちろん、
トカゲやナイフ、植物のモチーフなど、
こんなタトゥーだったら彫ってみてもいいなぁなんて、、、

思っちゃった。
いや、一瞬ですよ、一瞬。
ビビリだから彫りませんけどね。

でも、、、実はこの後、タトゥー屋さんに足を運んだのも事実。
いや、彫りませんよ、見るだけね、見るだけ。










とってもカッコいいダンスを観させてもらって、宿に帰ってからもテンション上がりっぱのみんな。
明日チェックアウトするという、
おもしろチリ人カップルが記念撮影を!って。




DSC_3729.jpg





この彼氏の方が、いつも私達にチョッカイかけてきたんですよ。
ご飯を作ってると、

「おぉ!?いい匂いだなー!あれ?俺の分は?」

とか。
なんでベタなノリ突っ込みをせなあかんのかと。




DSC_3390_20120608121603.jpg

ほらね、この時も私達のご飯狙ってるのw




でも、毎朝顔を合わせればニコッと笑顔で挨拶してくれるし、
二人じゃ食べきれないからって、スイカをくれたこともありました。



そんなこのカップル、すっごいラブラブで、
いつも二人一緒に居た。
ノリもいいからさ、ついこんな風にもね。





DSC_3731_20120608205024.jpg

Beso!!! Beso!!! チューウ!チューウ!♡






そんな彼らと連絡先交換。
だってさ、、、チリに来たら寄りなよ!て言ってくれたから。
ハーイまた出ましたー図々しい旅人ー(笑)

彼らはチリとペルーの国境間近の、アリカという街から来ていた。
この後一度アルゼンチンに戻り、その後ボリビア、そしてペルーへと移動する私達にとって、
アリカは行けない場所でもない。
せっかく出会えたのも何かの縁だし!
かなり前向きな返事をして、彼らとお別れしました。











さて。
昼間に汗水流して獲ったウニちゃん。
どう調理してやろっかなーと冷蔵庫を開けた瞬間、、、





絶句。





オレンジ色のはずのウニが、黒いよ。
なんでかな?
あれ?たしかに殻から取り出したはずだよ?
どうして黒いのかな?







原因は、アリンコでした。
どこから侵入してきたのか、冷蔵庫の中をアリが襲撃!
サランラップなんて文明の機器はこんなキャンプサイトにはございやせん。
お皿をかぶせただけのウニちゃんは、
その香しさ故、アリンコの襲撃を直に受けたのです、、、






撃沈。









関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://jstyle623.blog129.fc2.com/tb.php/230-855e505e

プロフィール

junko

Author:junko
北の大地でお魚食べて育った少女が、
世界へ旅に出ます。

写真が好き。
でも人はもっと好き。

まだ見ぬ出会いを、笑顔を、そして
感動を求めて。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。