Loading…

スポンサーサイト

Posted by junko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

masayaの虜

Posted by junko on 29.2011 カナダ Canada   5 comments   0 trackback
DSC_8823.jpg

バカラのグラスでボウモアを口に運ぶこのシブい紳士はどなたでしょう。
答えは後ほど。そう、出し惜しみです。


モントリオールに渡ってから数日経ったある晩、
私は晩餐会へと招かれました。
それは、彼がキッチンスタッフとして働くフレンチレストランで、
グランシェフとして活躍されるマサさん&アヤさんが、
私の来加を祝して開いてくださったもの。

私がまだ日本にいる頃、いつもSkypeで彼から聞く話の第一声は、
「マサさんアヤさんがね・・・」
本当に、お世話になり過ぎなんじゃないかと思われるほど、
お世話になっているお二人なのです。
そしてこの度、私も同じくお世話になってしまったのです。

ずっとずっと会いたかったお二人。



それはそれは贅沢な一夜がいま始まろうとしています。
まずは私のだーいすきなシュワシュワからスタート。
こんな風にご自宅でサーヴしてもらえるなんて、人生初。

DSC_8609.jpg


麗しのシャンパン。
このグラススタンドも素敵すぎ。

DSC_8611_20110429093205.jpg


間髪入れずにビールへと、、
しかもグラスはバカラと来たもんだからどうしましょう。

DSC_8618.jpg


ビールといったら、道産子はアレを出すしかないでしょう。
お父さん、持たせてくれてありがとう。
釧路が誇る味、鮭トバのご登場。
ちょっぴり炙っていい具合に反ってます。

DSC_8627.jpg

もの凄い腕を持つフレンチシェフが、
「このトバ旨ぇ~!」と唸っています。

あぁ、魚屋の娘に生まれて良かった。。

そんな、バカラとトバを絵的にキメられるのは、
この世界にマサさんしかいません。

DSC_8631.jpg

というわけで、冒頭のジェントルマーンは、マッサさーん!でした♬



さぁ、お二人による絶品料理の怒濤のオンパレードが始まります。
本日のテーマは、

『酒のアテ』

お酒好きにはたまりませんねぇ。
皆さん準備はいいですかー!?

まずはアペリティフということで。
アヤさん特製ミニトマトのオーブン焼き。
どうしたらこんなに甘く仕上がるんだろう。

DSC_8624.jpg


続きましては、マサさんが本日仕入れたというイカ刺しと平目のお造り!!
まさかカナダに来て、こんなお刺身が食べられるなんて、、
思ってもみないわけですよ。

DSC_8636.jpg


ショウガとお醤油を惜しみなく混ぜて、、

DSC_8640.jpg


もはや美の領域、ピンクの肌。

DSC_8638.jpg


あまりの美味しさに箸が止まりません。
食べたいわ飲みたいわ撮りたいわで、
隣にいる彼も大変なことになってます。

まぁ、私も然り。。

だんだんと食卓の熱も上がっていきます。
白熱の男トーク!!

DSC_8647.jpg


と、思ったら愛猫の、ニャンを抱いてみたりして。
そう、猫のニャン。

DSC_8649.jpg


まだまだ料理は続きます。
これも本日仕入れたという仔牛のレバ刺し。
ショウガと粗塩が効いてるんです。
ごま油をたーっぷりとかけて、、

DSC_8654.jpg


こちらも絶妙の歯ごたえと塩加減、ナムルー!

DSC_8658.jpg


あぁ、、書いてておなかが鳴りまくっています。
でも続けます。


着々とワインも進んできて、かなり食卓はいい感じに。
この辺で記念撮影をねっ。
だんだん撮れなくなっちゃいますからね、手がぶれて(笑)

DSC_8661.jpg


もう充分過ぎるほどおなかは満たされているところ、
おもむろに冷蔵庫を開けるお二人、、

「ねー、次どうするー?」

DSC_8692.jpg


え?まだ作ってくれちゃうんですか!?
いーんですか!?

喜び過ぎw

DSC_8735.jpg


DSC_8728.jpg

ステキ♡

DSC_8704.jpg


たっぷりのバターでソテーした甘い甘いジャガイモが添えられて出てきたのは、、
まさかのビーーーーーフ!!!

DSC_8757_20110429093501.jpg


もう、、美味しいっていう単語じゃぁ足りないんすよ、、
何て表現したらいいかわかんないっすよ、、

それくらい本当に本当に、素晴らしいお料理でした。


ワインは止めどなく喉を流れ、
私達の会話も止まることを知らず、夜は更けていきます。

DSC_8684.jpg

DSC_8796.jpg


「特別な夜だから」

といって、ワインセラーから取り出していただいたのが、こちらのワイン。
南仏はローヌ地方で生産される、Gigondas Cuvée Florenceの2003年のもの。
8年という時を経て、今こうして私達四人で過ごす時間に、
存在感のある力強さで、華を添えてくれた。
時間の流れと共に味が熟成されていくところに、人の人生を重ね合わせることができる。
ワインが人を惹きつける理由って、そこに在るんじゃないか。


DSC_8792.jpg



お二人の、心の込もった最高に美味しい料理、
本当にごちそうさまでした。

そして、何よりもこうやって温かくもてなしていただいたことが
嬉しくて嬉しくて。。
これからなが~いお付き合いになるかと思いますが、
どうぞ、今後とも宜しくお願いします!!


ざす!!


ぬーいーざす!!



DSC_8835.jpg



スポンサーサイト
  

プロフィール

junko

Author:junko
北の大地でお魚食べて育った少女が、
世界へ旅に出ます。

写真が好き。
でも人はもっと好き。

まだ見ぬ出会いを、笑顔を、そして
感動を求めて。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。