Loading…

スポンサーサイト

Posted by junko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通りすがりの就活生さんへ

Posted by junko on 19.2011 旅の後に after the travel   3 comments   0 trackback
まったくもって個人的なメッセージですが。
こんな形でしか、その方に伝える手段がないので、
やっぱりここで、綴ろうと思います。
読んでくれたら、いいのだけれど。。


旅を終え、帰国してから気づけば2ヶ月半が経ちました。
家に着き、重い荷物を下ろし、自分の部屋に入って、
8月で止まったままのカレンダーを見た瞬間、
なにかこう、ぐっとくるものがあったけど、
今ではすっかり、そう、もうすっかりと、この日常に溶け込んでいる日々です。

ふかふかの布団に、
炊きたての白いご飯、
あったかいお風呂。

落ち着く、“家”

当たり前だったものに、いちいち贅沢を感じていたのもつかの間。
やっぱり順応性の早い私は、日本の生活に戻るのも早かった。


本当に、自分は旅をしたんだろうか。
5ヶ月も、ひとりで、新しい土地を踏む日々を。
行きたくて行きたくて、その事だけを考えて、
お金を貯めて、そこに照準を合わせて暮らしてきて。
いざ、その夢を叶えた後。


なんだろう、この感覚。


虚無感とは、違う。
脱力感とも、違う。


ただ、このまま何もアクションを起こさなければ、
あの日々は、ただの娯楽でしかなくなってしまうような気がして。
毎日自由に、思うがままにルートを決めて、
出会う人々との会話を楽しんだり、その土地の美味しいものを食べたり、
歴史的な建物、芸術、文化に触れて心が震えたり。
刺激的な時間に身を浸し、
たしかにあれは、最高に贅沢な生き方だった。

ただひとつ、
自分が社会の枠外にいる、というリスクがあるだけで。

それは、旅人すべてが共有する、ある意味恐怖に近い感覚かもしれない。
しかも帰国が迫ってくるほど、それは比例して肥大化する感情。


「いつかは自分も、あの社会の中に戻るんだ」



一度飛び出して、また戻るというのは、
人それぞれでその手段は変わってくるけれど、
やっぱりすごく勇気がいるもので。
だけど人間は身ひとつで生きているわけじゃないから、
いろんな関係性に囲まれて、成り立っているから。
社会とは、切り離せない。
特に日本という国なら、なおのこと。



このブログを読んで、メッセージをくれた就活生さん。
みんな、何歳になっても、おんなじことで悩んでるよ。


私もそう。


今、社会との関わり方を模索する日々で、
自分の不甲斐なさに苛立つこともあるし、
おもいっきりへこむこともある。


だけど、君のくれたメッセージで、ひとつクリアに見えたことがある。
それは、自分にしかできない方法で、誰かを元気づけたり、感動させたり、
そんなステキなことができるなら、
最後まで貫こう!!って。

そう思ってね。

ブログを再開することに決めました。


自分が見てきた世界を、こうして公開することで、
ひとりでも、例えば君のように、元気になったって言ってくれるなら、
やる意味があるって確信した。


どこにいるかとか、何をするかとか、
みんな違うから。
あたしはたまたま、そこに ”行くことができた” 人間。
それを選択しただけのこと。

そして、そこの絵を切る撮ることができた。
新しく知ることで、生まれた感情もある。


それを、やっぱり伝えたい。


だから、君のおかげで、ひとつのアクションの選択肢が増えたよ。
ありがとう。


この旅を、さらに自分の人生の中で意味あるものにするために、
社会との関係性も保ちながら、
何か方法をみつけたい。

私も諦めないからさ、
君も、、、って、もう充分がんばってるよね。


悩むのは当然だし、
早く解放されたい!って思うのも当然だけど、
今やってることと、自分の中に生まれる感情はぜーんぶ意味がある!!
そして未来の自分を支えてくれるよ。


名前も知らないけれど、
君が、自分の納得する方法で、進む道をみつけられること、
本当に心から祈っています。

元気づけられたのはこっちの方です。
ほんとうに、ありがとう。


また気分転換したい時にでも、
のぞいてくれたら嬉しいです。

数日後から、怒濤の追記アップしますよーーー!!!
というわけで、皆さん。
今後ともよろしくです。


2011.2.19
junko


スポンサーサイト
  

プロフィール

junko

Author:junko
北の大地でお魚食べて育った少女が、
世界へ旅に出ます。

写真が好き。
でも人はもっと好き。

まだ見ぬ出会いを、笑顔を、そして
感動を求めて。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。