Loading…

スポンサーサイト

Posted by junko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆめどりむし夫婦と出会って。

Posted by junko on 31.2010 ギリシャ Greece   2 comments   0 trackback
誰もが親切で、
日本人ってだけでだいぶ助けられたトルコを離れる日。

8月20日、私はギリシャに渡りました。



と、言ってもでつね。
先日行った、メイス島でほぼ一日過ごすことになったんです。
情報不足って、こわい。

まず、ギリシャのロドス島っていう島に渡りたかったんです、私。
そのためには、カシュからまずメイス島に渡り、
そこで船を乗り換え、ロドス島に行くとのことで。
半日くらいで着くもんだと思っていたら、
この日は電車でいうところの鈍行船だったらしく。
なんと、夜の18:00にメイス島を出発し、ロドス島に着くのは深夜1:00!!
一番避けたい時間帯だったーーー。

まぁでも調べ方が足りなかった自分が悪い。
仕方ない。

まずはお世話になった旅行会社。
自分のミスで、多く金額を払ってしまった事があったんだけど、
後々ちゃんと差額を返してくれた。
こういう細かいところで、その国への信頼度はめっちゃ上がります。

DSC_5320.jpg


ハーバーにいたおっちゃん。
いやー、やっぱり外人の選ぶ漢字には笑わせてもらいます。

DSC_5319.jpg

「何て意味なんだ?」って聞くから、
「生きて狂う野原だよ」って答えたところ、
「アイムクレイジーフォーユー」ってうるさいもー!

DSC_5316.jpg



そして船を待つ間、パムッカレで出会った夫婦に再会!
青の洞窟の情報をくれたのはこの夫婦だったので、
彼らもカシュに来ることは決まっていたんだけど、
まさかここで会うとは☆

そしてロドス島へ行くというプランもまったくかぶりw
一緒にメイス島で過ごすことになりました。


新婚ほやほやのお二人は、柔らかい雰囲気を持ちながら、
なんと世界一周をしている最中!
もともと世界一周に興味があったヒロシさんと、
その夢に乗っかるほどの芯の強さを持ったナオさん。

2人の間を流れる空気は、まさに“夫婦”って感じでした。

DSC_5334.jpg

そしてNikon愛用者♡
あ、レンズはシグマだったな。

DSC_5341.jpg



お二人とも、学校の教師だったそうです。
それを一度ゼロにして、今ここに立っている。

この二人の旅には目的があって。
それは、旅の最中出会った人に、『夢』を書いてもらうこと。
もちろん現地の言葉で、そして書いた後には説明もしてもらって。
で、最後にその人に書いた夢を持ってもらい、撮影。

この作業を彼らは、

「ゆめどり」と名付け、その名も「ゆめどりむし」というHPが存在しています。

是非、一度ご覧になってみてください!
それぞれの国によって、考え方が夢に表れている気がします。
すごく良い取り組みだと思いました。

http://yumedorimusi.com/index.html


ちなみに私も、夢をとられましたw

http://yumedorimusi.com/Dream-euro.html



wi-fiの使えるカフェ、たった一杯のオーダーで何時間も居させてもらいながら。
久しぶりに一眼レフを使いこなす人に出会い、
撮ってもらいました♡
だって開放で撮れる人なんて、なかなか出会えないんですもん。。

DSC_5321.jpg

DSC_5327.jpg


ナオさんを撮る私、を撮るヒロシさん。

DSC_5354.jpg


やっぱ撮影大会楽しいな♡

DSC_5347.jpg

DSC_5349.jpg

しつこいですか?w

DSC_5358.jpg



なんて美しいんだろう。
この計算しつくされたフォルム。
ヨットに憧れる男の人の気持ちが少しだけわかった気がします。

DSC_5346.jpg

DSC_5343.jpg



町をぶらついていると、一人の少年を発見。
怪我がまだ治っていないうちから、必死に練習をしていました。

DSC_5370.jpg

DSC_5367.jpg

DSC_5366.jpg

DSC_5372.jpg

何度も痛がりながら、でもやめない。
その諦めない心、絶対キミのためになるよ!!
そう心の中で応援していました。


私、ノラ猫のお乳あげるとこなんて、人生初ですよ、見たの。

DSC_5377.jpg

トルコもそうだったけど、
それだけ人間を信用しているんですね。

DSC_5380.jpg



日も暮れてきました。
おっと!こないだのタクシーボートのおっちゃんじゃないですか。
働く男の腕はカッコいい。

DSC_5394.jpg


そのおっちゃんのお友達。
海の男は夕日のオレンジが似合います。

DSC_5392.jpg



DSC_5398.jpg

DSC_5403.jpg

こんな所でディナー。。
いいなーーーーー!!!いつか私も♡

DSC_5406.jpg

海兵隊さんがいました。
セーラー服すてき♬

DSC_5408.jpg



ここで、ゆめどりむし夫婦始動。
この海兵隊さんの仲間に、夢を書いてもらっているところ。

DSC_5414.jpg

説明を聞いています。

DSC_5418.jpg


彼らは皆、インドから働きに来ているらしいです。
この後も、ギリシャでたくさんインド人を見かけました。
出稼ぎを受け入れやすい国なんでしょう。



そして、ついに私達の乗るフェリーがやってきました。
今宵はこれで、ロドス島に向かいます。

DSC_5421.jpg



スポンサーサイト
  

プロフィール

junko

Author:junko
北の大地でお魚食べて育った少女が、
世界へ旅に出ます。

写真が好き。
でも人はもっと好き。

まだ見ぬ出会いを、笑顔を、そして
感動を求めて。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。