Loading…

スポンサーサイト

Posted by junko on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生もんのお付き合い

Posted by junko on 10.2012 カナダ Canada   2 comments   0 trackback



旅の話を始める前に、
もうひとつだけ記しておきたいことがある。

それは、モントリオールで出会った一生もんのお付き合いになる方々との、
濃厚な最後の日々のこと。
最後とはいっても、ひとまず2011年においてはという意味で。
今は、一体どこで再会できるのか誰もわからないけれど、
きっといつか必ず再会できると信じて疑わない。
それくらいもう一度会いたいし、
たった一年弱かもしれないけど、
それはそれは本当に濃密な時間を共有することができた。






このブログにも何度か登場した、マサさんとアヤさん。
このお二人無しでは、モントリオールの思い出は語れない。
啓陽の職場の上司でもあり、先輩でもあるこのお二人に、
私達は本当にお世話になった。




DSC_7300.jpg





おうちが近所だったこともあり、
しょっちゅうご自宅にお邪魔しては、
美味しいお酒とおつまみを食卓に挟んで、
時には朝まで語り合った。
まぁ、いつも私が最初に寝てしまっていたんだけど。
しまいには、「淳ちゃんは寝るのが似合う」とまで言われてしまうほど、
私はゆるゆるな気持ちで身を預けることができた。

以前は皆無だったワインの知識も、
このお二人のおかげで少しずつ、本当に少しずつだけど、
覚え始めることができた。
美味しいワインはその場の空間さえもステキなものにしてしまう。
フランス料理についてもたくさん学んだ。
「お客さんに喜んでもらう瞬間が一番嬉しい」
そう言うお二人の芯の料理人魂は、
料理だけじゃなく、いろんな仕事に共通して大事なものだから、
本当に、共感することが多かったし、
気づかされることも多かった。
未だにお二人のワイン学には程遠いけど、
いつか4人でフランスのワイナリー巡りをすることが、
未来の夢のひとつとなった。

そして私達はよく笑った。
完全に身内ネタではあるが、旬な言葉を連呼しては、
笑い合った。
お互いの誕生日も祝い合った。
それぞれ男女に分かれ、
アヤさんと私はガールズトーク、
マサさんと彼はメンズトークを繰り広げたりもした。




そうやって少しずつ、だけど確実に距離が近づいていって、
気が付けば欠かせない存在になっていった。
もちろん職場での彼の仕事振りが基盤にあったからこそ、
こういう信頼関係を築けたんだと思う。
公私共にお世話になって、
何度ありがとうを伝えても足りないくらい。
この恩は、どうやって返していけばいいのかまだわからない。










クリスマス。
フランス語で言うと、ノエル。
長期休暇となるこの一大イベントに、
同じく彼の職場の先輩である、
サトシさん宅で開かれるパーティーに招待された。
二年前から恒例となっているこのノエル会、
まず料理の質がハンパない。




DSC_7230.jpg





DSC_7221.jpg





さらにワインの質もハンパない。





DSC_7334_20120110141730.jpg




そして今回は、マサさんの誕生日が近いということもあって、
マサさん以外のメンツでサプライズムービーを制作。
結果は大成功!!!
あんな風に喜ぶマサさんは、初めて見た。
今までやってきた事が少しでもこうやって力になっていることが、
私達自身が認識することができた、
貴重な時間だった。





DSC_7293.jpg
TVの大画面でムービーをご披露。作ってほんとに良かった!





DSC_7299.jpg
アヤさん手作りのアップルケーキ♡





DSC_7302.jpg






とっても幸せなことに、サトシさんは今年の2月にパパになる。
奥さんのミカさんとの間に生まれる赤ちゃんは、
女の子の予定。
大事に大事にその日を待ちわびる二人に、
どうか元気な赤ちゃんが生まれますように。
心からそう願っています。




DSC_7369.jpg





旅立つ私達のために、お味噌汁とキャプテンケベックのお土産をいただいた。
ミカさん、サトシさん、キャプテンケベックはしっかりと私のバッグに住み着きました。
たくさんのご馳走と空間を、ありがとうございました!









モントリオールを発つ一日前に、
私達は、彼が働いていたレストランで食事の招待を受けた。
私は以前、マキコとユウタがはるばる会いに来てくれた時、
一度だけ食事を楽しんだことがあったけれど、
丸一年働いた彼に関しては、
未だ一度も席に着いて食事をしたことがなかった。
緊張した面持ちで、そこからの眺めの新鮮さに驚きながら、
嬉しそうに食事を楽しむ彼を見て、
あぁ、彼も本当に良い職場に巡り会えたんだと実感。
私達のために皆さんが心を込めて作ってくれた料理の数々は、
本当に、本当に美味しかった。




DSC_7493.jpg
魚のスープに始まり、、、





DSC_7507.jpg
帆立のフラン、ぷっにぷに




DSC_7513.jpg
こんがり焼いたパイの中から、フォアグラがいーっぱい、、





DSC_7537.jpg
最後は鴨とフォアグラの豪華共演!





DSC_7544.jpg
「まだいけるっしょ?」とマサさんがにやり顔。
少ししてから彼の前に出されたのは、卵がけご飯!





シメにはこんなステキなデザートが。
おなかいっぱいでも、全部ぺろりです。もちろん!

DSC_7551.jpg





DSC_7548.jpg
本当にご馳走さまでした!







私がLaKhaimaで得た経験と、
彼がこの職場で得た経験、
中身は違えども、だからこそ自分に足りないものを補い合えた気がする。


DSC_7562.jpg










私達は残り少ない時間を名残惜しむように、
最後の最後まで、一緒に過ごした。
レストランで食事をした後、
ごく自然にマサさんアヤさん宅に向かう。
何気なくいつも座っていたこの食卓が、
今夜を限りにしばらくお別れになると思うと、
どうしようもなく寂しくて。

マサさんが啓陽と一緒に飲もうと開けてくれた貴重な焼酎。
アヤさんが一緒に飲もうと注いでくれた、
私の歳の数だけ寝かされたポルトワイン。




DSC_7580_20120110142742.jpg





お酒を囲んで思い出話を続けるうちに、
外はだんだん明るくなってきた。
時は12月29日。
そう、このモントリオールを発ち、新たな旅を始める日。
もう行かなくちゃ。
そう頭では言うけれど、やっぱり体は動かない。
いつものようにちょっと眠ってしまった私だから、
いつものように「それじゃあまた」と言って帰ればいいのだけれど、
やっぱりそうもいかない。




悲しいけれど、寂しいけれど、
今はとりあえず、お別れなんだ。
そう自分に言い聞かせて、アウターを着る。
別れって、こんなに辛いものだったんだ。
久しぶりに感じるこの感情に、戸惑っている。
これから旅なんかしたら、
出会いと別れの繰り返しなのに。
あたしこんなんでやっていけるんだろうか。
そう不安になるくらい、心が折れてしまった。





RIMG0143.jpg








だけど進むしかない。
まだ見ぬ世界へ、進むしかない。
泣きながら雪道を歩いて帰った。
そしてそう、この帰る家も、今日で最後。
これからは、もう家はない。
常にどこかに気を使う、宿が私の家代わり。
家があるって、本当にあったかい。




そして29日午後23:45、夜行バスに乗り、
私達はモントリオールを去った。

バスが走り出して数分してから、
マサさんとアヤさんにもらった手紙を読んだ。
二人の愛情がぎっしり詰まっていて、
柔らかく背中を押してくれた。






大好きです、マサさんアヤさん。
本当にありがとうございました。
そしてこれからも。
末永く、宜しくお願いします。




スポンサーサイト

Nomadな生き方

Posted by junko on 09.2012 カナダ Canada   0 comments   0 trackback

ブログは生の新鮮な感情を綴ってこそ良い、
と語ったのはどの口でしょう。



この口です。



だがしかし!
懲りもせず私は書こうとしています。
そう、モントリオールで出会ったアフリカの風たちを。

何故ならこの出会いが無いモントリオールライフなんて、
今では全く想像もできないほど、
どっぷりと浸かった場所になったから。

ただのレストランじゃない。
言ってみれば「みんなの家」
北アフリカ、西アフリカ、ノルウェー、フランス、ボスニア、キューバ。
みんなの故郷はてんでバラバラ。
だけど笑うとこはみんな一緒。
何故だか感覚を共有できるメンツが集まる場所、
それがLa Khaimaだった。
そしてきっと彼らは留まらない。
今は此処に居るけれど、
来年同じように居るとは限らない。
そんな生き方を彼らは、


「Nomad」


と呼んだ。







或る日の戴冠式にて。

DSC_7033.jpg
「上を見るんだジュンコ!上だ!世界だ!世界を見上げろ!」
そう叫んでいるアティグです。




DSC_7036.jpg





DSC_7042.jpg
持ち上げて~の、、





DSC_7043.jpg
出来上がり!どう見ても風呂上がりのオバちゃんにしか見えない点は流していただきたい。





DSC_6547.jpg
大好きなリアド兄ちゃん。国の問題から歴史、恋愛話など、いっぱい語ったね。





RIMG0042.jpg
毎日毎日大量のタマネギを切りました。もちろん指はずっとタマネギ臭かったです。




RIMG0050.jpg
私の後を受け継ぐ(予定?)のスタン!フランスからやってきた超いいヤツ♡




RIMG0051.jpg
右の子も同じくフランスからやってきたアントーナ。
インテリ系かと思いきや、めっちゃ働くいい子だったなぁ。




RIMG0067.jpg
この大量のピタを長く保存させるため、一度封を開けてまた閉じる、
という超地味な作業を日々繰り返したもんです。







或る晩には、とってもとってもお世話になったお姉ちゃん&兄貴的存在の
アヤさん、マサさんを招待して一緒に食事もできました。

DSC_7050.jpg
さすがシェフ、中に入っている具材やスパイスをすぐ当てちゃう。





DSC_7060.jpg





DSC_7069_20120110083701.jpg
アティグの煎れるお茶は何故だかとても美味しかった。





DSC_7070.jpg








この家族に出会わなかったら、きっと私はモリタニアという国を知らないまま、
アフリカ大陸の旅のルートも大きく変わっていたことだろう。
絶対に訪れたい、彼らの故郷を。

DSC_7077_20120110083700.jpg





DSC_7090.jpg





奥さんのサヴァが、彼女の伝統的なモリタニアの衣装であるメラッファ(melhafa)を
ギフトとして私にくれた。
その気持がすごく嬉しくて。
着方も教えてもらい、一気に高揚する私。
一生大事にしようと思います。

DSC_7096.jpg






DSC_7118_20120110083756.jpg







大変なことはもちろんあったけど、、、
ほんとに楽しい職場だった!






DSC_7028_20120110083601.jpg





RIMG0198.jpg






DSC_7473.jpg
次アブダラに会う時は、どれだけ大きくなっているんだろう。





DSC_7481_20120110083906.jpg





DSC_7486.jpg
みんなみんな、良くしてくれてありがとう。
サラは私の妹みたいに可愛いよ。





DSC_7489.jpg






そしてモントリオールを発つその夜。
夜行バスのため出発は23時と遅め。
最後の晩餐を、アティグが私達二人のために用意してくれた。
北アフリカで祭事に振る舞われる伝統料理、パスティーヤだ。




DSC_7614.jpg




そしてアティグは、小さな小さなギフトを私にくれた。
それは「ビファス」という小さな石。
昔むかし、まだサハラ砂漠に湖があった頃、
人々はそこで釣りをしていたという。
その時に、銛のような役割を担っていたとても固い石。
または肉を切るナイフ代わりにも使われていたという。

そして湖がなくなった今、化石化したその石は、
人々にとって『幸運』の象徴となった。
ヨーロッパではこれに似た形の石が、
パワーストーンの店などで売れられているらしいが、
今私のもとにあるものは、アティグの友達が砂漠でみつけたもの。
それがアティグの手に渡り、ここ数ヶ月、この石を誰にあげようか迷っていたらしい。
その末でのギフト。

パワーストーンとか、あんまり信じない私だけど、
「旅の無事を願って」と言いながらアティグが手渡してくれた、
このビファスだけは不思議と信じられる。

旅中どこかでネックレスに作り変えて、
毎日肌身離さず付けることで、お守りにしたいと思っている。



DSC_7603.jpg








南米やアフリカへ行く私を気遣って、
「喉が痛くなったら、ミルクに黒胡椒を入れて湧かして飲め!」とか、
「下痢したら、生米を水と一緒に飲め!」とか、
「何か悪いことが起きたら、それが起きた場所に塩をまけ!」とか、
(塩のくだりは日本とおんなじ!)
一生懸命アティグなりに考えて伝えてくれた。
その気持がほんとに嬉しかった。






LaKhaimaで出会ったみんな、ありがとう。
あの場所は、砂漠の中のオアシスのように、
これからもみんなの心を潤し続けるんだろうな。




そして私も今、Nomadになろうとしています。


バックトゥザフューチャーが大好きで

Posted by junko on 11.2011 カナダ Canada   1 comments   0 trackback

大学3年時、映画の配給会社に就職活動していた頃のこと。
エントリーシートにあった、
そのジャンルの業界ではよくある質問項目、

「あなたの一番好きな映画は何ですか?」

の問いに、迷わず書き記した『バックトゥザフューチャー』
しかもきちんと『PART 1』まで書いた私。



だから。
いや、だからって訳じゃ決してないんだけど。



このブログ、一年前に戻ろうと思うのです。



ブログのページ右側にカテゴリー分けされた各国の名の数々。
国の名の後にカッコで記された数字は、
その国に関するブログの記事数で。
お気づきの方もそうでない方も、
チェコ以降、ほぼゼロなのだ。

つまるところ、チェコ以降の記事を書いていないわけで。




ずっと、気にかかっていた。





旅中は毎日がネタの宝庫で、
書いても書いても時間が足りなかった。
そのうちリアルタイムにアップすることは不可能になり、
思い出しながら書くのが常になった。

だけどやっぱりどうしてもその瞬間の思いを綴りたい時もあって、
正直私のブログは時間軸がめちゃくちゃだった。
過去に戻ったと思ったら、その日のことを書いてたり、とか。
昨日までタンクトップの写真だったのに、
なんで今日のはマフラーに手袋までしてんの?とか。
すごーく、読みづらかったと思う。




だけど今、懲りもせず私は、同じことをします。





モントリオールに来たことは新たな生活のスタートだったし、
ここでの出来事も自分にとって価値あることだから書きたかった。
うん、たくさん書けたと思うし、
きっとこれからも書きたいこと、見てほしい景色に出会えるかもしれない。


だけどひとまず今日ここで、
モントリオールに区切りをつけて。
チェコ以降の残っている国々、都市の記事を書いていこうと思う。
最後、スペインのバルセロナから帰国する日まで。
国でいうと10カ国。
どこまで書けるかはわからない。
どれだけ記憶が残っているかもわからない。
綴った日記は日本に置いてきたから、
今わたしの手元にあの頃を思い出させるものは唯一、写真だけ。


ハードディスクに眠っていたこの写真達を見て、
きっと何かを感じてくれる人がいると信じて。








人は決して公平じゃない。
だけど幸せな気持で生きていけるかどうかは、
公平、不公平の秤じゃない。

自分の力でどうにかなるものを見極める知性と、
自分の力じゃどうにもできないことを受け入れる強さ、
この2つがあれば、きっと生きていける。





これから書いていくブログを、
平田菜穂さんに捧げます。



菜穂ちゃん、一緒に妄想旅行しよう。



No Border

Posted by junko on 11.2011 カナダ Canada   1 comments   0 trackback

アティグとサヴァの間に生まれた小さな命は、
「メイヤ」と名付けられた。


「アラビア語ではな、”一粒の雫”という意味なんだぜ!」


アティグはとても嬉しそうに話してくれた。
その名の響きも、意味も、なんてステキなんだ。


生後一ヶ月を過ぎ、サヴァがメイヤを連れて店にやってきた。
待ちに待った瞬間だった。


DSC_5481.jpg


DSC_5477.jpg


もう可愛くてたまらん!って感じなんだろうな


DSC_5473_20111111113658.jpg


DSC_6083.jpg


ねぇねぇ、僕のこと忘れてやしないかい?


DSC_6055_20111111113658.jpg


まさか!みんなアブダラが大好きなんだよ


DSC_6063.jpg


DSC_6069.jpg


昼間は託児所に預けられているアブダラ。
運命のイタズラで、その託児所の真隣のビルに住む私は、
仕事に向かうがてら、アブダラを拾っていくのが日課だ。

ベビーカーを押しながら店に向かう間、
口ずさむのは日本の童謡。
きっとアブダラが大人になって、

「ぞ~うさん、ぞ~うさん、お~はながながいのね」

のフレーズを耳にすることがあったなら、
細胞のどこかが反応して、己の幼少時代を思い出してくれることだろう。


たぶん。


そんな彼が店に着き、
サヴァの姿を目にした瞬間の嬉しそうな顔といったら!
どの世も、母と子の絆というのは、
無条件に心が打たれるものだ。




このLaKhaimaで出会ったたくさんの友達。
みんな、目や髪の色も違うし、生まれ故郷もバラバラだけど、
何かこう、その人を形作るベースとなる精神に共通するものがあって、
だからかな、本当にほんとうに、居心地が良い。

その中でも頻繁に店を訪れるのが、
コメディアンのアンクル。
リアドと同じくアルジェリア出身の彼は、
頭の回転が早く、物覚えも早いのなんのって。

私のことをフルネームで呼ぶのが好きらしく、
いつも「ジュンコチィ~バ!調子はどう?」と気遣ってくれる。

最近の彼のお気に入りの日本語は、


「オナラ」


まぁ、何を隠そうこの私が教えたわけだけど。



メキシカンキャットになったアンクル

DSC_5521.jpg


そんなアンクルには、サラという最高に可愛い彼女がいて。
南アメリカのガイアナ出身で、スペイン語、フランス語、英語を操る。
そしてなんと、フラメンコダンサーだ。
アンクルのコメディショーで、フラメンコと絡めた演目も行っているという。
一気に興味が沸く私と、愛にあふれる彼女。
打ち解けるまでにそう時間はかからなかった。


DSC_5948.jpg


そんな彼らがある日、大学でショーを開くにあたって、
写真撮影を頼まれた。
願ってもないチャンス!
サラのフラメンコを初めて間近で観ることができた。


DSC_5527.jpg


朝日の中、駐車場で練習するサラ。
すでに完成形。


DSC_5535.jpg


そしてショーが始まり、、


DSC_5649_20111111114807.jpg


DSC_5629.jpg


DSC_5611.jpg


DSC_5679_20111111120627.jpg


いろんなコメディアンがそれぞれネタを披露。
会場が温まるにつれ、爆笑の渦へ。



私以外。



皆目フランス語が理解できない。
もう7ヶ月もいるんだし、少しはわかるかな、なんて考えが甘かった。
撃沈しつつも、シャッターはとどまることを知らない。


DSC_5715.jpg


DSC_5655.jpg


DSC_5824.jpg


そして遂にサラの登場!


DSC_5742.jpg


DSC_5751.jpg


一緒に踊っちゃったりなんかして


DSC_5743.jpg


主催した大学側の教授もノリノリ
こんな先生、いいよね


DSC_5876.jpg



ショーは大成功に終わり、
私なりに頑張って撮った写真も、とても喜んでくれて何よりだった。


誇張した言葉だとしてもかまわない。

「君の写真最高だよ!」

その一言は、やっぱり純粋に嬉しいものだから。




写真があるおかげで、
私はとても助けられているような気がする。
受け取るばかりじゃ関係性は成り立たないから。
何かをギブできるとしたら、
今の私には写真しかない。


DSC_5925.jpg



国境を超えて通じ合う時、
幸せという気持であふれる。



DSC_5894.jpg




Autumn in Montreal

Posted by junko on 10.2011 カナダ Canada   0 comments   0 trackback

カナダといえば!
思いつくものを挙げてみるとして。

えーと、メープルシロップ、アイスホッケー、オーロラ、
そして、、紅葉。

という王道に乗っかって、行ってきました紅葉ドライブ。
国際免許は取ってきたものの、
とてもじゃないけど人様を乗せるなんてムリムリムリムリ。
彼に至ってはバイク免許のみ。
ということで、マサさんよろしくおねがいしまーすっ♥


DSC_4570.jpg


DSC_4607.jpg


あいにくの天気ではあったものの、、


DSC_4553.jpg


DSC_4622.jpg


向かった先は、Mont Tremblant=トランブラン山という紅葉のメッカ。
冬にはスキーもできるリゾート地だ。


DSC_4693.jpg


DSC_4667.jpg


DSC_4666_20111110225825.jpg


DSC_4676.jpg


DSC_4660_20111110225631.jpg


DSC_4651_20111110230019.jpg


驚くほど日本人観光客で賑わっていた。
紅葉に価値を見出す国民は、日本が一番だと思う。
それくらい、山の麓にあるトランブランビレッジには、
日本語表記の看板やらがたーくさん。


DSC_4719_20111110225822.jpg


DSC_4728_20111110230018.jpg


このお二人に出会えたことは、
モントリオールに来て得ることのできた一番の財産。
本当に、たくさんのことを学ばせてもらっている。
人生のこと、仕事のこと、食べること、、、

そしてもちろん。




ワインのこと。


DSC_4756.jpg


人んちのセラーのぞいて興奮してる。


DSC_4750.jpg


DSC_4777.jpg


にゃん、可愛いなー(*´∀`*)
ずっと元気でいてね。


DSC_4785.jpg






雪こそまだ降らないけれど、
本当に寒くなってきた。
日も短くなり、サマータイムも終わり、
だんだんと外出する機会も減ってきた。
雪が降ってしまえば、足下も悪いわけだし、
きっと家で過ごす時間の方が長くなるだろう。

いろんな意味で価値あるこのモントリオールでの日々を慈しむように、
三脚を持って散歩した。


DSC_4855.jpg


DSC_4863.jpg


DSC_4877.jpg


DSC_4883.jpg


DSC_4887.jpg


DSC_4897_20111110231328.jpg


モンロワイヤルからの夜景をおさめるために。


DSC_4909_20111110231327.jpg


DSC_4919_20111110231327.jpg


DSC_4932.jpg



新たな旅路まで残り二ヶ月をきった。





  

プロフィール

junko

Author:junko
北の大地でお魚食べて育った少女が、
世界へ旅に出ます。

写真が好き。
でも人はもっと好き。

まだ見ぬ出会いを、笑顔を、そして
感動を求めて。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。